2021年冬号:丸の内チャーチ東京(MCT)

教会のビジョン

ニューヨーク、ロンドン、シンガポールなど、あらゆる経済主要都市では、教会が複数存在し、教会はビジネスパーソンの人々の礼拝・憩いの場となっています。こうして自由経済競争社会の厳しい都市に於いては、ビジネスから解放されるために心の安らぎ・心の喜びとなる宗教施設・教会が必要なのです。

さらに、日本の歴史的観点からすると、江戸時代にすでにクリスチャンの墓地が築かれていました。また、明治に入ってからも、内村鑑三が丸の内で毎週日曜日に、聖書中心の講義を行い、そこには約700人が参加していました。さらに、戦後は、明治生命本社社内に於いて、70年間近くもクリスチャンの集会が開かれていました。

それと同じように、現代の丸の内のビジネスパーソンにも、聖書の知恵によって安らぎと喜びを得てほしい。そして、彼らの内にあるクリスチャンの世界観がそれぞれの働きの場で生かされる、また家庭に在って、地域に在って成熟した働き人として、日本のそして世界の各地へ送り出す教会、それが丸の内チャーチ東京(MCT)のビジョンです。つまり、MCTは休息と喜びに在り、キリスト者をあらゆるところに派遣して、この丸の内から日本全国や世界各地へと拡大して行く教会像を目指しています。

MCTは聖書の神のみことばをしっかり語り、「生きる意味は?喜びを得るには?どうすれば安息が得られるのか?仕事とは?家族とは何か?」彼らの目が開かれるよう、そしてさらにキリスト者として成熟するよう神の御教え・福音を伝えることが何よりも大切なことです。そしてそれは神のみことばの説教を聞くに留まらず、一人ひとりがみことばを黙想し、夫婦で、また友人で分かち合い、祈り合い、自らの家庭生活・社会生活に活かして、自身の人生の意味を神に導かれ、喜びに満たされるようなMCTの在り様を目指します。しかし、それだけではキリスト教文化のない日本の人々には関心を持っていただくことは難しいでしょう。格別に、まだクリスチャンではない方々にです。知恵が必要です。そこで、人々の益となることに目を留めることが良いでしょう。

神は「不可能を可能にされる」神様です。すべては主のご計画がなると信じ、MCT教会開拓を始めて行きます。そこで、現在、Tokyo Marunouchi Partnership の働きを支援してくださっている方々に、MCTの計画や方向性等を広報活動しております。MCTは、今現在、ティエリ・リチャーズと平野孝明の共同牧会を考えています。私たちは、できるだけ多くの方のお知恵を拝借したいと思っており、特に、私たちがこの丸の内の地で、皆さんの友人や同僚にどのように仕えていくことができるか、皆さんのお知恵やご経験をお聞かせ頂けると幸いです。そうすれば、共に協力し合い、神の助けにより、友人や同僚が喜びと平安を得て、イエス・キリストに出会うことができるでしょう。